会社概要

日本の技術を継承し
日本のモノづくりを守り続ける

こころざしを事業の未来へつないでいく。 山口 山本

日神工業株式会社では、新たに代表取締役として山本清二が就任することをお知らせいたします。(2021年6月)
山口暁生は取締役として、引き続き運営に携わります。
当社は小さな縫製工場です。
当社の発展は滋賀県高島でたくさんの匠によって作られたクレープ生地を当社匠の指導により裁断・縫製し製品に完成させて成り立ってきました。
このような日本の技術を消してしまってはならないという想いは全く変わりません。
コロナ禍においてもその想いは同じです。
当社を取り巻く環境は大きく変化してきました、消費者嗜好がクレープ肌着から離れてきています。
縫製する生地がニットなどいろんな生地へ変わり、また新たな技術を生み出しております。日本の匠の技は継承し続け、日本のもの作りを続けて参ります。
夏は猛暑、冬は大雪の豊岡です。自然に恵まれた田舎で、日神工業株式会社は社員一丸となって企業価値向上のために尽力いたしますので、
今後とも何卒宜しくお願い致します。

代表取締役社長 山本 清二

COMPANY

会社概要

会社名
日神工業株式会社
代表者
山本 清二
設立
昭和46年(1971年)11月27日
資本金
8,500万円
所在地
〒669-5361
兵庫県豊岡市日高町栗山901-3
連絡先
TEL:0796-44-0039TEL:0796-44-0039/FAX:0796-44-0139
従業員
本社:21人 / 日高:2人
取引金融機関
但馬銀行
主要取引先
株式会社GSIクレオス
株式会社ヘルシア
保木株式会社

FACTORY

自社工場

本社工場(夏)

本社工場(夏)

本社工場(冬)

本社工場(冬)

佐津工場

佐津工場

日高物流

日高物流

HISTORY

沿革

昭和46年11月27日
(1971年)
日神工業株式会社設立 資本金150萬円
ナイロン加工糸の生産を始める 社員5名
本社 日高町祢布1002-1 (現:日高物流センター)
昭和54年4月
(1979年)
三方工場(現:本社)開業
加工糸仕上げ工場でスタートし、同年10月増築し
クレープ肌着(ロンパン)主体の生産(縫製)に業態変換
昭和61年11月
(1986年)
佐津工場開業
クレープ肌着の増産を図る
平成6年2月
(1994年)
三方工場(後の現本社)の整備
平成9年7月
(1997年)
撚糸工場閉鎖
平成11年3月
(1999年)
本社を三方工場へ移転
日高町栗山901の3番地
平成11年11月
(1999年)
新佐津工場完成(現:共同作業場として利用)
香住町下岡518番地
平成13年2月
(2001年)
中国研修生受入開始
【第1期生】
平成14年1月
(2002年)
クレープ肌着(夏物)主体に
生産から一部秋冬物(ニット商品)生産を計画
平成23年6月
(2011年)
12月度~新佐津工場を共同作業場として開始
平成25年7月
(2013年)
本社に縫製部門を一本化
(日高縫製人員→本社へ)
平成26年6月
(2014年)
ベトナム人技能実習生受入開始
【第1期生】
平成28年3月
(2016年)
ホームページ開設
令和3年5月
(2021年)
ホームページをリニューアルオープン